2008年09月03日

直江兼続とは?

直江兼続
2009年の大河ドラマ天地人」の主役となる直江兼続
妻夫木聡さんが直江兼続役ということで、妻夫木ファンの一人として
楽しみですわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

【DVD】69 sixty nine/妻夫木聡

兼続が生まれたのは1560年。1620に没するまで60年の生涯でした。
上杉景勝の重臣。
秀吉が「天下の政治を安心して預けられる数少ない一人パンチ
と高く評価しました。
家康からも「身の丈が高く、姿容美しく、言語晴朗な男」と
褒められたといいます。

坂戸城主・長尾政景の下士の子として生まれた兼続は、
学問に優れた子だったこともあり、上田衆・樋口兼豊の養子に。

その後、兼続は、上杉謙信の
養子となった政景の次男・景勝とともに謙信直々の薫陶を受け、
血を分けた兄弟のように育ちました。

謙信が病死した際、景勝と景虎との間で「御館の乱」と呼ばれる
世継ぎ争いが起きますが、当時19歳の兼続
景勝を守り抜きます。

信長の攻勢により上杉家が危機を迎えていた頃、時期を同じに
して本能寺で信長は絶命。すかさず、兼続
秀吉と和睦して局面を乗りきるのです。
秀吉にひどく気に入られたようです。

天下取りを狙う家康が前田家を屈服させた後に標的にしたのが
上杉家。再三、景勝に上洛勧告を仕掛ける家康に対して兼続
送った返書が有名な「直江状」。
これがきっかけとなり、関ケ原の戦いが始まったのです。
                   (参照/宝島社 別冊宝島)


林泉寺
そもそも、1496年に長尾能景が亡父のために
上越市に建立し、1617年に現在地に移転建立されました。
1732年に本堂が火災で焼失。1740年、上杉家8代宗房の時
再建されています。
IMG_1728.jpg
IMG_1724.jpg

直江兼続と夫人の墓所。常設の宝物館には兼続の真筆もあります。
IMG_1726.jpg
IMG_1725.jpg

米沢の3名園の一つ
IMG_1727.jpg

参拝時間 9:00〜17:00
tel.0238-23-0601
米沢市林泉寺1-2-3


直江石堤

IMG_1874.jpg
IMG_1878.jpg
米沢の町を松川の水害から守るため、直江兼続
計画によって築かれた石積みの堤防は、今もなお1.2`にわたり
現存しています。
IMG_1880.jpg
現在は、公園として整備され、市民の憩いの場となって
います。
米沢市大字赤崩


法泉寺
IMG_1891.jpg
IMG_1889.jpg
直江兼続は、足利学校で修行させた九山和尚を
米沢に呼び寄せて、禅林寺(現在の法泉寺)を開きました。
この寺の中に、兼続が集めた図書を置き、米沢藩士の
子弟を教育するための学問所としました。
兼続のこの想いは、後に上杉鷹山公が創設した
藩校興譲館へと受け継がれました。
米沢市城西2-1-4


東源寺
直江兼続の位牌が祀られています。
IMG_1894.jpg
IMG_1895.jpg
米沢市中央5-2-31


稽照殿
直江兼続が所有した、有名な「愛」の
前立の甲冑が展示されています。
IMG_1733.jpg
松岬公園内
開館時間 9:00〜16:00
tel.-22-3189



松岬神社
上杉鷹山を祀る神社。昭和13年に直江兼続
配祀されました。
米沢市丸の内1-1
tel.0238-22-3189



笹野幸徳院(笹野観音)
別名あじさい寺とも言われています。
直江兼続が祈祷師に庄内羽黒山より勧請させたと伝える
羽黒大権現を後神として祀っています。
米沢市笹野本町5686-5
tel.0238-38-5517
【関連する記事】
posted by ten at 11:12| 直江兼続さんはどんな人? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。